三胞について

ABOUT SANPOWER
三胞を知るInto sanpower
あなたの今の位置:ホームページ三胞について三胞を知る


      現代サービス業は情報技術と知識経済の発展に伴い発展してきた。現代化の新技術、新業態と新サービス方法で伝統サービス業を改造し、需要を創造し、消費を導く。社会に高付加値、ハイレベル、知識型の生産サービスと生活サービスのサービス業を提供する。

——その定義はWTOから


      三胞集団有限公司は、情報化を特徴とし、現代サービス業をもとに、「新し金融、新消費、新健康、新技術、新住宅」の5大事業を共同的に取り組む大手民営企業集団である。

      集団には、宏図高科(600122. SH)、南京新百(600682. SH)、万威国際(0167. HK)、金鹏源康(新三板430606)、富通电科(新三板837438)などたくさんの上場会社があり、及び宏図三胞、楽語通迅、宏図地产、広州金鹏、中国新闻週間、麦考林、拉手網、商圈網、イギリスHouse of Fraser、アメリカBrookstone、イズラエルNataliなど国内外重点企業があり、傘下の会社が100社以上であり、世界に置いて従業員が合計10万人を超え、うち海外従業員が3万人である。

      現在、三胞集団の総資産は1000億元を突破し、年販売総額が1000億元に達した。13年連続で「中国企業500強」(第132名)に入選し、全国工商聯により、「中国民営企業500強」第19位、「中国民間サービス業の企業100社」第10名に評価された。

      数年間の発展の過程中、三胞集団は「向上、自省、バランス」、「温厚、道理をわきまえ、明目”を核心とする企業文化で、「お客様に価値を創造して、社員にチャンスを提供する」の企業宗旨を努力して実践し、企業独特の感化力と結聚力が形成された。

      社会の富を創造する同時に、三胞集団は積極的に慈善公益事業に参加する。自然災害の反撃、教育事業のサポート、弱者救助、社会の調和を促進することなどで顕著な貢献をし、数年来寄付金額はすでに3億元を越えた。

      「革新を動力に、経営をもとに、調和を中心に、合併を手段に、時価総額を結果にする」、三胞集団は早急に世界フォーチュン500の行列に入り、最終的に中国の特色ある、持続的発展が可能な世界級レベルの企業になるの目指して、しっかりと「グローバル化」と「新常態」における発展チャンスを掴み、鋭意努力し、一生懸命励んでいく。